薬剤師 給料 ランキング

薬剤師の給料、年収アップにつながる転職支援サービスランキング

薬剤師は資格を取るまでが結構大変で、専門性の高い仕事です。 仕事も結構ハードですので、周りの薬剤師たちの年収が気になる所ですよね。もし現状に不満があるならば、転職を考えるのもよいかもしれません そんな、薬剤師の年収や給料について調べてみました。

 

◆薬剤師の年収、給料
薬剤師の平均年収は約500万です。給料に直すと月収約36万円とボーナスになります。男性の方が給料が高いようです。

 

◆平均勤続年数
約6年です。女性が結婚、出産で移るということと、転職等の人の動きが結構あることが関係しています。
◆男女比
女性が7割、男性が3割と女性が仕事です。

 

◆勤務先による年収の違い
1位は製薬会社です。成果主義の営業職ならば、800万円を超える方も出るそうです。研究職は狭き門です。
2位はドラッグストアです。店長クラスになれば、700万円くらいになります。
3位は、病院と調剤薬局で大体400万円〜600万円といった程度の年収があるそうです。

 

◆企業規模による年収の違い
普通の職場は企業の規模が大きいほど年収が高い傾向があるのですが、薬剤師の場合は、企業規模が小さい会社でも年収の平均は高いです。おそらくドラッグストアや小さい調剤薬局で高収入を得ている方がいるのだと思います。 仕事内容が同じなら情報を仕入れて給料の良い会社に移るのもありですよね。

 

◆自分の相場を知るには。
 薬剤師の仕事は忙しくて転職先を探すの時間もなかなかありません。  そういう方は、厚生労働省の認可を受けた薬剤師転職サービスを利用するとよいと思います。
 料金は無料ですし、専門のキャリアコンサルタントがアドバイスしてくれて、さらに企業や病院に交渉してくれます。

 

転職サイトでは、応募の殺到を避けるためにや非公開求人といってあえて公開しない求人があり、それは登録しないと見れません。まずは無料登録して自分の職場の条件と比べてみるとよいと思います。  実際に探してみると、「こんな求人があったのか」と思いもよらぬ求人に合う例も多いです。

 

今の時代、すぐに転職する気がなくても情報を仕入れておくことは大切だと思います。
コンサルタントが経歴を見て仕事を探してくれるので自分では思いもつかなかった良い職場に
出会う事も結構あるそうですよ。

 

当サイトでは、たくさんの転職サービスの中から特に実績と信頼のあるサービスを調査し、ランキングにまとめてあります。ぜひ参考にしてみてください。

 

薬キャリ(m3.com)

 

年収アップにつながりそうな求人(調剤薬局・ドラッグストア・病院)を多数抱えているのは、
薬キャリです。

2012年度の薬剤師登録者数でもナンバー1で、求人数も業界最大級の
4万件以上あります。

 

運営しているのは東証一部上場のエムスリーグループのエムスリーキャリアです。
時々、看護師などの他の医療職の転職を掛け持ちしている会社が多い中で
薬キャリは薬剤師専門なので、薬剤師に特に強いです。

 

東京だけでなく、地方についても、地域ごとに専任のコンサルタントがいるために
地域密着な感じでよい求人や募集を教えてくれます。

 

常勤だけでなく非常勤などの働き方もできるので無料登録してみて
どんな求人があるか見てみることができます。

 

例えば、高年収で働く。ゆったりとプライベート重視、子育てと両立できる通勤5分の
職場など幅広く紹介してくれます。

 

すぐにどんな仕事があるか知りたいのだよねというニーズにも、その日のうちに最大で10件
求人を教えてくれるのでスピードもあってよいと思います。

 

公式ページには紹介可能な調剤薬局等が書いてあるので一度見てみると良いでしょう。
結構大手や有名どころが多いので驚きます・・・。

 

登録:無料(時間は20秒程度)
働き方:常勤、派遣、非常勤。

 

>>薬キャリの求人の詳細はコチラから

 

 

 

 

「マイナビ薬剤師」

 


「マイナビ薬剤師」です。
おススメのポイントをまとめてみました。

 

●運営会社の信頼性
 →「マイナビ」や「マイナビ転職」を運営してきた毎日コミュニケーションズが運営しています。
●薬剤師専任のキャリアコンサルタント
 →最新の求人・募集情報ととも転職活動をバックアップしてくれます。
  マイナビのキャリアコンサルタントは対応などで、他のサービスと比べても特に評判が高いです。

 

●求人情報の豊富さ
 →業界トップクラスで、非公開求人(応募が殺到する良い求人情報)も充実しています。
 例として、
△病院薬剤師として成長したい △調剤未経験歓迎 △勤務地・勤務スタイルで選べるドラッグストア求人  △CRA(治験モニター) △CRC(治験コーディネーター) △薬剤師資格を活かせる一般企業・メーカー求人

 

●登録が簡単
 →登録フォームが整理されているので登録の入力は1分で終了します。
  当然、登録は無料です。

 

 

DODA(デューダ)

 


2位はDODA(デューダ)転職支援サービスです。 DODAと言えば普通の転職情報誌としても有名ですが、 薬剤師の求人についても力があると人気です。

 

転職市場に精通したキャリアコンサルタントが 薬剤師資格、経験を生かせる求人を紹介してくれます。 特に非公開求人の充実が、転職の秘けつになっています。 例えば管理薬剤師などの職種では、急な増員や欠員補充を理由に採用を開始するケースが見られます。

 

そうした場合、時間的にも予算的にも、求人サイトや求人誌に掲載している余裕がないことから、多くの企業が、費用・時間のロスが少ない非公開求人を活用するのです。

 

また、新規事業拡大、メーカー内管理薬剤師やモニター職などの人気職種も非公開求人で募集されているので、
無料登録をしていると登録者にマッチする情報を教えてくれます。 80%〜90%は非公開求人になっているそうですから期待できますよね

 

 

ダヴィンチ

ダヴィンチは薬剤師専門の人材紹介会社です。

 

ダヴィンチは、このレオナルドダヴィンチにちなんで、多彩な才能を発揮して、 一人一人の個性を生かし、自分自身を生き生きとして輝かせることの出来ることのお手伝い目的としたサイトです。

 

特徴をまとめてみました。
●祝い金システム
きめ細かいサービスが評判ですが、何といっても一番のウリは 転職の祝い金が出る所です。 現在転職お祝い金は10万円(正社員)になっています。
(*時期によって変動がありますので確認をお願いします。)

 

●代理問い合わせシステム
ちょっと気になるけど、名前を出してまで問い合わせるのはちょっと・・・ という病院に、登録者の指名を隠して問い合わせしてくれます。
●スカウトシステム
あなたの登録情報(希望業種・希望勤務地など)を見た、薬局・企業から会員ページ内のメールボックスに直接メールが届きます。

 

総合的にはマイナビが1番かなと思いますが、ダヴィンチも結構小回りが利いてよい感じかなと思います。