ドラッグストア 薬剤師 求人

ドラッグストア 薬剤師 求人ってどう?

ドラッグストアでの薬剤師の仕事は、主には薬品についての説明になります。
お客さんが来店して、頭痛や目がかゆいといった症状に対して、どのような薬がいいのかをアドバイスします。

 

どちらかというと、病院へ行きたくない、あるいは、病院へ行く時間がないといった人たちが多いので、しっかりと聞き取ってあげて的確な薬を勧める能力がドラッグストアの薬剤師として重要になります。

 

また、一般的にはドラッグストアの薬剤師は、頑張った分だけ給料も多くなっていきます。 つまりは、売上が上がっていけば、それに応じてボーナスが多くなるからです。

 

ただ、薬剤師としての仕事だけでなく、シャンプーや洗剤、日用雑貨に食品も扱うのがドラッグストアなので、薬剤師といっても、薬以外の商品知識も必要になりますし、陳列や棚卸のようなこともやることになります。

 

薬剤師というよりドラッグストアの販売員であることの適正が問われる可能性が高いでしょう。
逆に言えば、接客や営業が面白いと思えるならドラッグストアの薬剤師はお勧めで、薬剤師としての資格があるだけで、他の従業員よりも一歩抜き出ているので重宝されます。

 

頑張っただけ給料に反映されるのが希望なら、薬剤師にとってドラッグストアの環境は遣り甲斐を感じることが出来るでしょう。

 

薬剤師の給与アップに役立つ転職会社ランキング