製薬会社で働く薬剤師の仕事

製薬会社で働く薬剤師の仕事

製薬会社に勤務する薬剤師や、
血液センターや大学およびバイオビジネス研究所等で働き、薬学研究に携わる薬剤師もいます。
研究の段階ではわからなかった副作用を発見するのも薬剤師の仕事で、医薬品の有効性や安全性などの分析も行います。

 

製薬会社の場合、MR(Medical Representative:医療情報担当者)という
製薬会社の営業的な仕事があります。

 

この仕事は自社の薬の知名度を上げて、病院で薬を使ってもらうために動いていくわけですが、
実力があれば、かなりの給料がもらえる仕事でもあります。

 

医薬品の正確な情報提供&営業スキルに自信がある方は
かなり高収入になる可能性があるのでチャレンジしてみてもよいかもしれないですよ。